レンズ設計、機械設計をソフトを纏めて、防振台、機械加工を製作して、お客様のご要望に沿った特注システム製品をご提案します。

新5nm、10nmフィードバックコントローラのワイヤード株式会社

コントローラ・ドライバ:コントローラ

5nm/10nmフィードバックコントローラ:FC-514/FC-511/FC-611

新機能
新機能にはUSB、Ethernet、などのインターフェースやティーチング機能、詳細設定機能など、各種機能が追加されました。コマンド体系及び基本性能は旧タイプを引き継いでいる為、旧型コントローラから新型コントローラへの置き換えが容易に出来ます。詳細は下記の製品仕様表及び新旧コントローラ機能比較表を御参照下さい。

製品仕様表
品番 FC-514 FC-511 FC-611
価 格(税別) ¥700,000 ¥700,000 ¥750,000
       一般
電源 AC100〜240V 50/60Hz
質量 5.2kg
外形寸法(W×H×D) 220×88×290mm
消費電力あるいは電力 AC240V最大負荷時 110VA max
動作温度 0〜40℃
動作湿度 20%~80%RH
保存温度 -10〜55℃
保温湿度 20%~80%RH
使用場所 室内
保温高度 2000m以下
使用高度 2000m以下
最大動作時間 連続動作可能
   機能
制御軸数
2軸(同時制御可)
粗動インポジション範囲
 ±10nm(±30,±70nm選択可能)
最大動作速度設定値 50mm/sec 30mm/sec
指令単位 10nm/パルス
5nm/パルス
移動量最大設定範囲
-1342.17728~+1342.17727mm
-671.088640t~671.088635mm
エラー検出
オーバースピード,オーバーラン,エンコーダ,脱調、緊急停止
リミットエラー、インターボレータエラー、スケールエラーなど
スローダウン機能 非対応
インターフェイス
緊急停止入力 1
GP-IB 1
USB 1
Ethernet 1
I/O 1
接続可能オプション
ジョグコントローラ JC-01

 新旧コントローラ機能比較表 

項目 新型 旧型 項目 新型 旧型
通信コマンド 82種類 22種類 スリーブ機能 ×
パラメーター 113種類 46種類 フイードバック開始タイミング選択機能 ×
インポジション状況表示 4種類 2種類 コマンドエコ-バック機能 ×
JOGスピード段階 3段階 2段階 原点復帰機能
GP-IB 機械原点復帰センサ抜けサーチ機能 ×
RS-232C × 汎用入力ポート
チャタリングチェック機能
×
USB × 各軸独立ステータス表示機能 ×
Ethenet × 各軸独立動作機能 ×
ティーチング機能 × 加減速時間設定機能 ×
フィードバック速度設定 × 位置決め完了
自動返信機能
×
ゼロコントロール機能 × ビジー・エラーキャンセル
機能
×
カレントダウン機能 × カウンタゼロセット機能 ×
インポジィション判定時間選択機能 × ステージテーブル位置登録移動機能 ×

機能説明

●通信インターフェース
新型コントローラでは通信インターフェースを変更しました。シリアル通信にはRS-232Cより
一般的なUSBを搭載しました。
また、一般的なパソコンに搭載されているLANを用いたEthernetを搭載しました。
計測機器に多いGP-IBは引き続き搭載しております。

※通信インターフェース部分 新FC-111(上)、旧FC-101(下)

●ビジー・エラーキャンセル機能
この機能は、一部エラーとBUSY状態を解除することが出来る機能です。
エンコーダが正常に働いている状態で起こるエラーについて解除することが出来ます。
対象はリミットエラー、オーバーフローエラー、ティーチングコマンドエラーです。
また、外乱等で位置決めが完了せず、BUSY状態が続いてしまう時などにBUSY状態
を強制的にREADY状態へ移行させることが出来ます。
旧型コントローラではこれらのエラーは電源再投入がRESETをしないと解除出来ません
でした。電源再投入やRESETは座標値もクリアされる為、外部から前の座標を再現する
必要がありました。
新コントローラのビジー・エラーキャンセル(BEC)機能では座標値を保持したまま解除
出来るようになり、作業効率が向上出来ます。

●ティーチング機能
あらかじめ、コントローラに動作コマンドをプログラムすることが出来きます。決まった動作
を繰り返し行いたい場合などに便利な機能です。
旧型コントローラではオプションのジョイスティックコントローラに同様の機能としてマクロ
機能がありました。
新型コントローラではコントローラ内臓の機能として搭載されており、登録出来るチャンネル
の数や行数、登録出来るコマンド(ループコマンドなど)が増えました。
5つのチャンネルにそれぞれ200行までプログラムを登録することが出来ます。

ティーチング機能比較

項目 新型 旧型
コマンド登録方法 コントローラ内部メモリーへ登録 ジョイススティックコントローラ
(オプション)へ登録
登録チャンネル数 5チャンネル 2チャンネル
各チャンネル登録行数 200行 32行
実行方法 コントローラ・キー操作 ジョイスティックコントローラ
スイッチ(オプション)
コマンド
ジョイスティック(オプション)キー操作
I/O

●ゼロコントロール機能
この機能はインポジション範囲内でもフィードバック制御を接続する機能です。
旧型コントローラではインポジョン範囲内にステージが移動したら、フィードバック制御
を停止させていた為、目標位置に対して幅を持って位置決めをしていました。
新コントローラではゼロコントロール機能をオンにすると目標位置でステージを位置決め
することができ、再現性が向上しました。

・旧型FC-101で0μm地点へ動作させた場合

旧型FC-101ではインポジョン範囲(黄色の範囲)内で位置決めが完了して、フィードバック
制御が止まり、ステージが停止します。

旧型FC-101の場合

・新型FC-111で0μm地点へ動作させてた場合
新型FC-111ではゼロコントロール機能がオンの場合にはインポジョン範囲(黄色の範囲)内
でも赤い範囲内へフィードバックが掛かります。オンの場合にはには旧FC-101と同様の
黄色または赤色の範囲内でフィードバック制御が止まり、ステージが停止します。

新型FC-111の場合

お気軽にお問い合わせください TEL 03-3488-5734 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
©WIRED CORPORATION All Rights Reserved.